2016年5月21日土曜日

第14回特別講座「小満の頃、鈴なりの花にダンス!ダンス!ダンス! みつばち×蜜源植物」

第14回特別講座は、小満( 5月20日)に因み、5月14日に開催しました。小満とは、陽気が良くなって、万物の成長する気が次第に天地に満ち始めること。ようやく暑くも加わってくる季節です。

今回の講座は、昨年10月に開催してご好評いただいた講座のシリーズ講座として開催。募集段階から大変多くのお問合せをいただき、なんと!キャンセル待ちが出る程に。多くの関心をいただいた講座の模様をレポートします。

講座会場は、港区立エコプラザ。(いつもお世話になっております)
エコプラザの落ち着いた雰囲気は、講座との相性がいいんですね〜。
いよいよ講座スタート。
いつもの様に、アースデイ大学代表の生姜塚からのブリーフィングから始まりました。
今回の受講者の大半は「親子」での参加です。
子供たちには「大学」にはまだまだ早い年齢ですが、講座への参加意欲は大人顔負けでしたよ。

ゲスト講師、一人目は佐々木さん。玉川大学名誉教授で「みつばちの第一人者」。とても判りやすい説明に、大人も子供も、グイグイ引き込まれていきました。

講座は、エコプラザを飛び出し、都心の蜜源植物探索に。
街中の蜜源植物のある場所ある場所に立ち止まっては、佐々木先生の解説が始まります。正に「街全体が教室」です。
脇を電車が走り抜ける場所で!
高層ビル街で!
なんてことない交差点脇で!
街中を移動する姿も、絵になっていましたよ(ビートルズ風?)
初めて訪れる街には、新しい発見があって、ちょっと講座から「道草」することもあったり(笑)
このライブ感が、とても素敵でした。
そして、大人も子供も、発見したことを配布された講座特製ノートに、どんどん記録していく姿も微笑ましい!

そして、目的地である福祉プラザ「さくら川」に到着。
この建物の屋上で、みつばちが飼育されているんです!ここ、港区新橋のど真ん中です(驚)!
ここから、二人目のゲスト講師の高槻さんが登場。当ビルにある障害者支援施設の施設長でありながら、2012年からこの屋上で養蜂を始められた方です。
高槻さんの説明も、受講者の皆さんを「みつばちワールド」にグイグイ惹き込んでいきま
した。「蜂=刺す=怖い存在」の思い込みを、判りやすく解きほぐしてくれました。
ここでは2チームに分かれ、みつばち観察に。
最初に養蜂場に向かったチームは、白い防護服を着用。なんだか、宇宙探査に向かうみたい(笑)
そして、養蜂場へ。
スタッフの方が判りやすく、みつばちの生態を説明してくれます。みつばちが体の周りをブンブン飛び廻るのですが、攻撃してくる様子はありません。
この巣箱の中で、一つの社会が成り立っているのが、不思議な感じです。
そして、なんだか愛着が湧いてきます。「みつばち、可愛い!」

一方、別のチームは、高槻さんからのみつばち講義。巣箱の中身や、様々な蜂の種類を学んだり。
そして、はちみつ試食に大盛り上がり。美味しい!美味しい!止まりませんね(笑)
養蜂見学はここで終了。
その後、エコプラザに戻り、講座は後半に突入。佐々木先生のみつばち講座がスタートしました。
今回は、なんと「デジタル顕微鏡」が登場!佐々木先生に特別に準備していただきました。この顕微鏡を使って、探索中に拾った植物や、みつばちの体の仕組みを観察。非常に勉強になりましたね。
この顕微鏡に、子供たちは大盛りあがり!顕微鏡の周りは、子供たちに占領される状況になりました(笑)。その気持ち、わかります。

3時間強の講座でしたが、あっという間に終了時間に。
ご参加いただきました皆様、ゲスト講師&スタッフの皆様、エコプラザの皆様、ありがとうございました。
大人も子供も、瞳をキラキラさせている姿が印象的でした。皆さん、都心の新しい魅力を発見できたのではないでしょうか。

今回の講座は、子供たちの参加が印象的でした。子供は「明日の地球」の象徴。その子供
たちが、かつて日本では当たり前にあった姿を、都心で再発見(新発見?)したと思います。そして、この講座で体感したことを通して、未来に何を想うのでしょうか?未来でどんなアクションを起こしているのでしょうか?そんなことを考えさせられる講座でもあったと思います。

2016年4月17日日曜日

第13回特別講座 Earth Day 2016 特別講座「月詠み人になろう@Apple Store, Ginza」

第13回特別講座は、アースデイ2016特別講座として、なんと!あのApple社にご協力いただき、Apple Store, Ginzaにて4月16日に開催しました。
Apple社は、積極的な環境保全活動を展開している企業ですが、アースデイの独自活動も展開されています。
Appleロゴマーク、いつもと少し違うことに気が付きましたか?ロゴマークの「葉」の部分が、緑色になっていますよね!これもその活動の一環。その他に、店頭スタッフの皆さんも緑色のシャツを着用。アースデイ気分を盛り上げています。
そんな「アースデイ」モード全開のApple Store, Ginzaで、「アースデイ週間のイベント」として、今回のアースデイ大学の特別講座を開催することになりました。

会場は3階の「シアタールーム」。このルームは、あのスティーブジョブズが設立したPIXAR社の試写室と同じ仕様になっているそうです。いい雰囲気のある会場の大きなスクリーンには講座内容が紹介されていて、ちょっと嬉しくなりました。
定刻14時。
いよいよ、大勢の方に参加いただき、アースデイ2016特別講座「月詠み人になろう So You Want To Be A Moon Watcher」がスタート。
まずは、アースデイ大学 代表・生姜塚から、当講座の狙いである「アースデイ=地球に感謝する日」「地球のことを、月を通して考えよう」についてのプレゼンからスタートしました。
今日の講座の最大の聴きどころは、「月を"表と裏"から、時空を超えて、捉える」こと。期待してしまいます。

まずは、石井和子さん(日本気象予報士会 顧問、フリーアナウンサー)が登場。地球から見えている「月の表側」と、日本古来からの月との関わりについてお話しをいただきました。

続いて、大竹真紀子さん(JAXA宇宙航空研究開発機構)が登場。月周回衛星「かぐや」のプロジェクトメンバーとしてのお話は、とても聞き応えがありました。地球から見えない「月の裏側」は興味深い内容でした。

その後、石井さん、大竹さん、生姜塚の3名によるクロストークを実施。
月を通して、地球のことを、想う。考える。活動分野は違っても、同じ考え方を持つ3名のトークが非常に盛り上がりました。

スクリーン上に登場している写真は、JAXAから提供いただきました「月面」の写真。やはり、本物の映像にはパワーがありますね。(ご協力ありがとうございました) 
続いて、iOSアプリ「月読君」の紹介に、そらかぜ代表 伊藤さんが登場。このアプリがあると、月齢があっという間に分かります。

講座は終盤へ。石井さんによる「源氏物語」朗読タイムです。
源氏物語で「月」が印象的に登場する一節『桐壺』を、石井さんが朗読を始めると、会場は、一瞬にして、平安時代にタイムトリップした様に、素敵な空間に変わりました。凄かった!
その後、質問タイムへ。大竹さんへの月に関する質問で盛り上がりました。
そして、あっという間に、エンディングへ。
1時間強ではありましたが、アースデイにちなんだ、非常に内容の濃い講座になったのではないでしょうか。参加された皆様は、21世紀の「月詠み人(Moon Watcher)」になれたでしょうか?

講座にご参加いただきました皆様、Apple Store, Ginzaスタッフの皆様、講座の準備・告知にご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました。

今回、アースデイ大学は、新しい活動にチャレンジしました。それは、少しでも多くの方に「地球に感謝する気持ち」「地球のために、少しでも行動に起こすための気づき」を、今までにない新しいスタイルで提供することへのチャレンジでした。参加された方々の声を聴いて、少しは達成することが出来たのではと感じています。

アースデイ大学は、次のチャレンジに進みたいと思います。これからも宜しくお願い致します。

(最後に)出演者、Apple Store, Ginzaスタッフの皆さんと!ハイ・チーズ!