2017年9月24日日曜日

第17回特別講座「秋分の頃、超高層ビル街の谷間に響く羽音 みつばち×蜜源植物」

第17回特別講座は、秋分の日( 9月23日)に開催。今年は天候不順な夏でしたが、秋らしい活動しやすい天候の下での開催となりました。

この「みつばち」講座は、今回で3回目の開催になりましたが、おかげさまで大変ご好評をいただいている講座になりました。本当にありがとうございます!

今回は、会場となった「港区立エコプラザ」について少しご紹介します。
場所はJR 浜松町駅から徒歩5分程度。外から見るとガラス張りですが、屋内には木材を多く使用している居心地のいい空間が広がっています。
そして、この場所は、あの「慶應義塾」の跡地(1868年〜1871年)でもあるんです。ここに、日本が明治維新の時、福沢諭吉を始めとした学ぶ者たちが集っていたんですね。この様な場所での講座開催は、なんだか感慨深いですね。

さて、今回は30名の方々にご参加いただきました!ありがとうございました!
親子参加が多いのですが、子供達にとっても、親世代にとっても、学ぶことが多い講座になります様に。

いよいよ、講座スタートです(キーン・コーン・カーン・コーン♪〜)
まずは恒例のオリエンテーションから始まりました。

講座の前半は、エコプラザを飛び出してのフィールドワークです。
フィールドワーク第1弾は「都心の蜜源植物観察」へGO!。お馴染み、ゲスト講師の佐々木先生(玉川大学名誉教授)の青空授業のスタートです。
街の風景の中にある植物が茂っている場所が、全て学びの場所になるなんて、素敵ですよね。先生のアグレッシブな講義に、子供達も大人達も、どんどん引き込まれていきます。
蝶の幼虫を発見(角を出している)!子供達は大盛り上がり!
山手線や新幹線の線路脇も、学びの場です!
そして街歩きは面白いですね。今回はトンネルをくぐったり、
消防署の前で、突如、講座が始まったり、、意外性がとても楽しいですよね。
そして目的地、福祉プラザ「さくら川」に到着。このビルの屋上にGO!
ビルの屋上からは、高層ビル群が目に入ってきます。そして「東京の空」を(久々に?)眺めることもできました。
そして、そういう環境に養蜂場があるんです。すごい!

ここからは、フィールドワーク第2弾「養蜂」体験。
お馴染み、ゲスト講師の高槻さん(新橋はつらつ太陽 施設長)の青空授業のスタートです
子供達は(大人達も)はちみつ大好き!
「はちみつが、できるまで」を実体験しながら、採れたてのはちみつをペロリ!
みんな美味しい顔しています(笑
続いては、宇宙服みたいな防護服を着て、蜂の巣箱見学。
この防護服を着用することを含めて、非常に貴重な体験なんです!みんなで大撮影大会になりました。
養蜂体験が終了し、いざ、エコプラザへGO!

エコプラザに戻って、講座後半は、佐々木先生のみつばち講座です。
毎回楽しみなのですが、今回は、みつばちの「カラダの不思議」!すごい!
「みつばちのカラダが、どうなっているのか?」を、図や電子顕微鏡写真を駆使して説明いただきました。今まで見たことがない映像や画像に、グイグイ引き込まれていきます。
まとめとして、佐々木先生から、とても大切なお話があったので、ここに記載させていただきます。

「世界の作物の上位100種の内、75%が花粉媒介を昆虫に依存している」
「その代表格がミツバチ!」
これ凄い話ですよね。最近、みつばち減少が世界各地で起きているそうです。みつばちの生息が、我々の「未来の食生活」に影響しているなんて、考えもしませんでした。
地球上の生きものは「つながっている」ことを痛感しますし、本当に「自然界の声」に耳を傾ける必要がありますね。
そして、終了時間に。
3時間強の講座になりましたが、皆様お疲れさまでした(ハイチーズ!)

繰り返しになりますが、今回で3回目のみつばち講座になりました。今では受講エントリーが難しい程に大好評をいただく講座になりました。応援していただいているゲスト講師の佐々木先生・高槻様、そして、養蜂場のスタッフの皆様、エコプラザの皆様、本当にありがとうございます。

この講座が他講座と違うポイントは、親子参加が多い点にあります。結果、子供たちの参加が多い講座になっています。「明日の地球」の象徴である子供たちに、この講座で何を感じてもらえるか?この講座での体験が、彼らの素晴らしい未来(=地球の素晴らしい未来)に繋がって欲しいと思います。

2016年11月23日水曜日

第15回特別講座「地球のメッセージを知ろう。未来へメッセージを送ろう。」

第15回特別講座は、立冬(11月7日)に因み、11月19日に開催しました。立冬とは、冬の始まりです。季節外れの様に、急に暑くなったり・寒くなったりすることがありますが、着実に寒い季節に向かっていますね。

今回の講座のテーマは「メッセージ」。情報過多な現代、未来の私たちの暮らしにとって重要な「自然からのメッセージ」はキャッチしづらいものになってしまっています。その大切なメッセージに注目し、そのメッセージの先にある「明日の地球」について考える講座になりました。

今回の会場は、葛西臨海公園・鳥類園(東京都江戸川区)。
左手には葛西臨海水族園、右手には観覧車が見えますね。その名の通り、鳥たちにとっては快適に過ごすことができる環境が整っていて、鳥や自然の観察には最高の場所なんです。今回、NPO法人生態教育センター様のご協力を得て、鳥類園の施設をフル活用させていただく講座になりました。(ありがとうございました)
そして、講座の基地になったのは、鳥類園ウォッチングセンター。とても素敵な施設です。

さぁ、講座のスタートです。
ウォッチングセンター内のレクチャールームを中心に講座は進行しましたが、段々畑の部屋になっていて、正に「大学」の教室みたい。冒頭は、アースデイ大学代表の生姜塚からのオリエンテーションです。

まずは、ゲスト講師の樋口宏芳先生(東京大学名誉教授)から、「渡り鳥」を通して、地球からのメッセージ考える講義です。
樋口先生は、鳥類学・生態学の第一人者で、世界中で活躍されているので、講義を直接聴けること自体が有難いことです。講義の中で、難解ワード「生物多様性」とはどういうことか?を、とても分かりやすく解説いただいたことが印象的でした。さすがですね。

続いて、樋口先生の講義内容を頭に入れながら(イメージしながら)、レクチャールームを飛び出して「野鳥観察」に出発!
まずは、鳥類園の中にある池での観察。ゲスト講師の北村さんのガイドで、楽しく観察ができました。
冬は、シベリアの方から鴨たちが渡ってくる季節です。この鳥類園も鴨たちで賑わっていました。
「あっ、カワセミ!」という声で、受講者の皆さん「どこどこ?」と大騒ぎ。みんなで双眼鏡を必死にカワセミに合わせます。その姿が微笑ましかったです。

場所を変えて、東京湾側(公園のなぎさ)に向かいました。景色は一変します。
あれっ?あれは!
ここ葛西臨海公園は「東京ディズニーリゾート」の隣に位置しています。夢の国・ディズニーリゾートの沖合で、体を休めている鴨たちも「いい夢」を見ているんでしょうか?
ここでは、猛禽類ノスリが、上空でホバリング(同じ場所に止まって飛んでいる)している姿が観察できました。何かを獲物を狙っているのでしょうか?生物多様性を姿を目の当たりにした瞬間でしたね。(写真は分かりにくいですね)
こちらでも、アオアシシギ等の突然登場する渡り鳥たちに、盛り上がりました。
「あれ何という鳥?」という疑問にも、生態教育センターの方に図鑑を駆使して分かりやすく解説いただきました。

1時間程の観察も終了し、レクチャールームへ。
ここから講座後半に突入です。「自然からのメッセージ」を受け取って、既に「自ら活動に取り組んでいる」ゲスト講師の方々からの話をお聞きしました。

まずは、増田さん(リトルターン・プロジェクト創設者)のお話です。増田さんは、大田区を流れる「内川」の保全運動等、様々な活動に取り組まれており、その「行動力」に驚かせられました。
続いては、北村さん(リトルターン・プロジェクト代表)のお話です。リトルターン・プロジェクトは、南半球から日本に渡ってくる絶滅危惧種コアジサシの保護活動。活動を長期間に渡って「継続」することの重要性について考えさせられました。
最後に、西村さん(中越パルプ工業)のお話です。生物多様性という視点から「放置竹林への取組み〜竹紙生産(竹を原料にした紙)」を紹介いただき、「ものごとの見方」を変えることで、新たな価値を生む発想に関心させられました。

3名の方々の「情熱の入ったメッセージ」を受け、講座はいよいよ終盤に。

様々な「メッセージ」に触れ、受講者の皆さんは、何を考えたのか?何を想ったのか?
それを「メッセージとして、実際に発信してみよう=(受講者自身の)未来へのメッセージを書こう」という試みが、講座の最後のパートになりました。

その前に、「先人たちのメッセージ」ついて、代表の生姜塚から話がありました。
『日本固有の自然観の中から生まれた「御伽草子(おとぎぞうし)」。あの浦島太郎も御伽草子の一つ。その御伽草子の一つ「雀の小藤太」という物語の中に、今で言う「生物多様性(生きもの達の繋がり)」がうまく描写されている。今現在、この「雀の小藤太」に触れると、自然環境に対する大切な意識が、薄れてしまっていることを考えさせられる。この御伽草子は、室町時代に書かれたものだが、現代の我々への「未来へのメッセージ」です。』と。
鳥歌合絵巻(慶應義塾図書館蔵)

いよいよ、受講者の皆さん自身が「メッセージ」を考える時間に。
メッセージは、西村さんの話で登場した「竹紙」製の葉書に書いてもらい、その葉書は、なんと!来年9月23日(秋分の日)に、受講者ご自身宛に郵送される仕掛けになっていました。
今回の講座を通して考えたことを、来年の秋に読むと、どう受け止められるのか?明日の地球のために、少しでも行動に起こしている自分自身の姿を確認できるといいですね。

講座の最後は、受講者・ゲスト講師の皆さん揃って、振り返りを。そして講座は無事終了となりました。

長時間の講座になりましたが、大人から子供たちまで、幅広い年代の方々に受講いただき、ありがとうございました。ゲスト講師の皆様、港区エコプラザ他ご協力いただきました団体の皆様、ありがとうございました。

アースデイ大学は、2014年6月に第1回特別講座をスタートし、今回で第15回を迎えることができました。ひとえに、皆さまの応援があったからこそ、到達できたと想います。本当にありがとうございました。
気持ちとしては「まだまだ15回」。これからも、新しい視点を持って、皆さんに参加してよかったと想われる講座を企画していきたいと思いますので、応援していただけますと幸いです。これからも宜しくお願いいたします。